川崎市幸区の交差点において右折進行した普通乗用車と普通自動二輪車との衝突事故

tel0120-962-845
受付時間 平日10:00〜18:00
みらい総合法律事務所
〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目3番 麹町プレイス2階

交差点において右折進行した普通乗用車と普通自動二輪車との衝突事故

【判例名】

東京地裁平成25年4月26日判決(交通事故民事裁判例集46巻・第2号)

 

【死亡・後遺障害等級】

併合10級

 

【賠償額】

3,040万7,071円

 

【事案の概要】

平成19年10月25日午前8時30分ころ、川崎市幸区の信号機により交通整理の行われている交差点において、右折進行した加害車(自家用普通乗用自動車)と、対向車線を四輪車に後続していた被害者(普通自動二輪車)との衝突事故。
被害者は、症状固定時42歳の男性会社員。

 

【怪我と後遺障害の内容】

頭部打撲・挫創、第二腰椎圧迫骨折、右尺骨茎状突起骨折、腹腔内出血等の障害を負い、@脊柱の変形障害及び腰痛で11級7号、A右尺骨の長管骨の変形障害及び手関節背側面の頑固な疼痛等で12級8号の後遺障害を残し、症状固定した。この後遺症については、併合10級の自賠責後遺障害等級が認定された。

 

【判例要旨】

1)過失相殺
双方車両とも対面青信号で交差点に進入したが、被告は対向直進車の有無及びその安全を十分確認しないまま右折した過失(前方不注視)があり、両者の過失割合を、被害者10、加害者90と認定した。

 

2)近親者交通費
被害者の妻が事故当日及び翌日に夫が入院している病院に行った交通費4,700円、及び警察への出頭のための交通費2,570円を認めた。

 

3)逸失利益
症状固定時から定年時(60歳)までの18年間は、事故前年の給与収入800万7,323円とし、60歳から67歳までの7年間は、賃金センサス大卒男子60?64歳の平均賃金607万7,500円とするのを認めた。

 

4)労働脳力喪失率
脊柱の変形障害だけでは直ちに労働能力に影響を及ぼすものではないが、腰痛は脊柱の変形障害に起因するものであることを考慮すると労働能力喪失の程度は12級相当と評価すべき。また、Aの後遺障害と併せて、労働能力は20%喪失(併合11級相当)と認められた。