20歳代

【後遺障害10級11号】21歳男性で約2.3倍に増額!

ご相談者 21歳 男性 部位 右股関節
ご相談の経緯

被害者が保険会社と交渉し、示談金が1298万1785円になったところで、みらい総合法律事務所に相談し、示談交渉を依頼。

症状 右股関節脱臼骨折等 後遺障害等級 10級11号
保険会社
提示の示談金
1298万1785円 解決額

2959万7101円
(約2.3倍に増額)

21歳の現場作業員の男性が、交通事故で右股関節脱臼骨折等の怪我を負い、自賠責後遺障害等級10級11号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金が1298万1785円になったところで、みらい総合法律事務所に相談し、示談交渉を依頼することになりました。

弁護士と保険会社が交渉し、保険会社が主張する被害者の過失割合10%を5%に譲歩させるとともに、被害者が中卒のところ高卒平均賃金が認められたため、示談解決となりました。

解決額は、2959万7101円です。保険会社提示額の約2.3倍に増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害11級7号】29歳男性で約3.2倍に増額!

ご相談者 29歳 男性 部位 脊柱
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談したところ、増額が可能であるとの判断がなされたため、そのまま示談交渉を依頼。

症状 脊柱圧迫骨折 後遺障害等級 11級7号
保険会社
提示の示談金
163万2022円 解決額

520万円
(約3.2倍に増額)

29歳男性が、交通事故により、脊柱圧迫骨折の傷害を負い、自賠責後遺障害等級11級
7号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金は、163万2022円となりました。

そこで、被害者が示談金の適正額について、みらい総合法律事務所に相談したところ、
弁護士から増額が可能であるとの判断がなされたため、示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社の交渉は決裂し、裁判になりました。

裁判の結果、最終的に示談金は、520万円で解決となりました。

保険会社提示額の約3.2倍に増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【死亡事故】21歳男性で約3300万円増額!

被害者 21歳 男性 事例 死亡事故
ご相談の経緯

ご遺族は、提示額の妥当性の相談をするとともに、示談交渉をみらい総合法律事務所の弁護士に依頼。

保険会社
提示の示談金
6171万5418円 解決額

9500万円
(保険会社提示額から約3300万円の増額)

21歳学生の男性が路上にいたところ、直進してきた自動車に衝突された死亡事故です。

保険会社は、ご遺族に対し、示談金として、6171万5418円を提示しました。

ご遺族は、提示額の妥当性の相談をするとともに、示談交渉をみらい総合法律事務所の弁護士に依頼することにしました。

弁護士と保険会社の交渉では、被害者が路上にいたことから過失割合で紛糾し、訴訟となりました。

弁護士が訴訟において、加害者の速度超過を主張立証し、最終的に、9500万円で解決となりました。

保険会社提示額から約3300万円増額したことになります。

【後遺障害12級7号】22歳男性で約3倍に増額!

ご相談者 22歳 男性 部位 右股関節脱臼骨折
ご相談の経緯

被害者は、保険会社と交渉し、示談金が467万4898円になったところで、みらい総合法律事務所の弁護士に示談交渉を依頼。

症状 右股関節可動域制限の
後遺症
後遺障害等級 12級7号
保険会社
提示の示談金
467万4898円 解決額

1384万円
(約3倍に増額)

22歳会社員の男性が、道路を横断しようとしたところ、直進自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、右股関節脱臼骨折で、右股関節可動域制限の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級12級7号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉した結果、示談金額は、467万4898円となりました。そこで、被害者は、その後の交渉をみらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉は決裂し、裁判となりました。争点は、慰謝料と逸失利益です。

最終的には、慰謝料も逸失利益も弁護士の主張どおりとなり、1384万円にて裁判上の和解で解決しました。

保険会社提示額の約3倍に増額したことになります。ご依頼いただいてよかったと思います。

【死亡事故】21歳男性で約5000万円獲得!

ご相談者 21歳 男性
ご相談の経緯

ご遺族は今後の進め方について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談し、そのまま交渉を依頼。

解決額

5075万1005円
(相手方保険会社から2467万5678円、
人身傷害保険から2607万5327円)

21歳会社役員の男性が、バイクで直進中、右折自動車に衝突された交通死亡事故です。

ご遺族は今後の進め方について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談し、そのまま全てを依頼することにしました。

弁護士と保険会社が交渉し、相手方保険会社から2467万5678円、人身傷害保険から2607万5327円の合計5075万1005円で解決しました。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害10級】21歳男性で約1700万円増額!

ご相談者 21歳 男性 部位 右股関節脱臼骨折
ご相談の経緯 被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談。
症状 関節可動域制限の
後遺症
後遺障害等級 10級11号
保険会社
提示の示談金
1298万1785円 解決額 2959万7101円 (約1700万円の増額)

21歳男性の交通事故です。

事故の状況は、被害者がバイクを運転していたところ、右折してきた自動車と衝突したものです。

本件事故により、被害者は、右股関節脱臼骨折の傷害を負い、右股関節機能障害の後遺症が残りました。自賠責後遺障害等級を申請したところ、10級11号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、1298万1785円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所の無料相談を利用し、本件示談金が妥当かどうか、弁護士に相談しました。

弁護士からは、「低すぎる」と意見があったので、示談交渉を依頼することにしました。

弁護士が保険会社と交渉した結果、最終的に、2959万7101円で示談解決となりました。

保険会社が提示した金額から、約1700万円増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【21歳死亡事故】約3300万円の増額!

被害者 21歳 男性 事例 死亡事故
ご相談の経緯 ご遺族は、保険会社から提示された示談金額の妥当性に
ついて確認するため、みらい総合法律事務所の弁護士に
相談。
保険会社
提示の示談金
6171万5418円 解決額 9500万円 (約3300万円の増額)

21歳男性の交通死亡事故です。

事故の状況は、被害者が路上に立っていたところ、走ってきた自動車に衝突されたものです。

保険会社は、ご遺族に対し、慰謝料など損害賠償金として、6171万5418円を提示しました。

ご遺族が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「低すぎるのではないか」ということだったので、示談交渉を依頼することにしました。

弁護士と保険会社の示談交渉は決裂し、裁判での決着となりました。

最終的には、保険会社提示額から約3300万円増額し、9500万円での解決となりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

Category:

【後遺障害12級7号】22歳男性で約3倍に増額!

ご相談者 22歳 男性 部位 右股関節脱臼骨折
ご相談の経緯 被害者は、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確保するため、みらい総合法律事務所の無料相談を利用。
症状 股関節可動域制限の
後遺症
後遺障害等級 12級7号
保険会社
提示の示談金
467万4898円 解決額 1484万円 (約3倍に増額)

22歳男性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が路外から道路を横断しようとしたところ、直進自動車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者は、右股関節脱臼骨折の傷害を負いました。

治療の甲斐なく、股関節可動域制限の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級12級7号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、467万4898円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、弁護士からは、増額可能と意見があったので、依頼することにしました。

弁護士が訴訟提起し、立証を尽くした結果、最終的に1484万円で解決しました。

保険会社提示額の約3倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【死亡事故21歳男性】約5000万円獲得!

21歳男性の交通死亡事故です。

事故の状況は、被害者がバイクで交差点に進入したところ、右折してきた自動車に衝突されたものです。

ご遺族は、四十九日の後、みらい総合法律事務所の弁護士に今後の進め方などを相談し、そのまま全てを依頼することにしました。

弁護士と加害者側の保険会社が交渉した結果、最終的に5075万1005円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

Category:

【後遺障害12級】23歳で約4.2倍に増額!

23歳男性会社員の交通事故です。

事故の状況は、被害者が交差点を渡っている時に、直進してきた自動車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者には、左視野狭窄で13級3号、左眼視力低下で13級1号の12級相当という自賠責後遺障害等級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、217万7906円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所に相談し、そのまま示談交渉を依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉したところ、保険会社が逸失利益について低い金額に固執したため、提訴。

最終的には、保険会社提示額の約4.2倍である、930万円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。