30歳代

【後遺障害併合6級】34歳男性で約1000万円増額!

ご相談者 34歳 男性の会社員 部位 びまん性軸索損傷等
ご相談の経緯

被害者は、保険会社と示談交渉中に、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼。

症状 高次脳機能障害、両眼半盲、右下肢醜状、左下肢醜状等 後遺障害等級 併合6級
保険会社
提示の示談金
1678万7641円 解決額

2700万円
(約1000万円の増額)

34歳男性会社員が、自動車を運転中、右折自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、びまん性軸索損傷等で、高次脳機能障害、両眼半盲、右下肢醜状、左下肢醜状等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級併合6級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金が1678万7641円となった時点で、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉は決裂し、訴訟となり、過失割合が争点となりました。

最終的には、控訴審まで進み、2700万円での和解解決となりました。

保険会社提示額から約1000万円増額したことになります。
ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害非該当】提示額の198倍に増額!

ご相談者 38歳 男性 部位 下腿部
ご相談の経緯

被害者は、弁護士に依頼して保険会社と示談交渉をしていましたが、提示金額に納得できず、みらい総合法律事務所の弁護士に交渉を依頼。

症状 左脛骨高原
骨折
後遺障害等級 12級
保険会社
提示の示談金
5万7793円                         解決額

1150万円
(他の弁護士が交渉していた時の提示額の約198倍に増額)

38歳男性が、バイクで走行中、自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、左脛骨高原骨折で、自賠責後遺障害等級は非該当となりました。

被害者は弁護士に依頼して保険会社と示談交渉をしていましたが、提示された5万7793円の金額に納得できず、みらい総合法律事務所の弁護士に弁護士変更をしました。

自賠責後遺障害等級が非該当であったことから、示談交渉による解決は困難と考え、提訴。丁寧な立証活動により、裁判所は後遺障害等級12級を認め、最終的には、1150万円での解決となりました。

他の弁護士が交渉していた時の提示額の約198倍に増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【死亡事故】36歳男性で3倍に増額!

被害者 36歳 男性 事例 死亡事故
ご相談の経緯

ご遺族は、保険会社から提示された示談金額の妥当性について確認するため、みらい総合法律事務所の弁護士に相談。

保険会社
提示の示談金
3300万円 解決額

3900万円
(提示金額300万円から3倍に増額)

36歳男性が、酔って道路に寝ていたところ、自動車に轢かれてしまった死亡事故です。

ご遺族は、自賠責保険に被害者請求をして、3000万円を確保してから保険会社と交渉をしたところ、提示金額は300万円でした。

そこで、ご遺族は、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼しました。

保険会社が被害者の過失割合を70%と主張したため、交渉は決裂し、裁判での決着となりました。

最終的には、被害者の過失割合は40%となり、900万円での決着となりました。自賠責保険金と合わせると、3900万円での解決となります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害12級13号】39歳女性で約760万円を獲得!

ご相談者 39歳 女性 部位 右股関節唇損傷
ご相談の経緯

被害者は、示談交渉に不安を感じ、弁護士に示談交渉を任せることにして、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼。

症状 神経障害 後遺障害等級 12級13号
解決額

761万5625円

39歳女性が、自転車で走行していたところ、交差点で出会い頭に自動車に衝突された交通事故です。

ケガは、右股関節唇損傷で、神経障害の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級12級13号が認定されました。

被害者は、示談交渉に不安を感じ、弁護士に示談交渉を任せることにして、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼をしました。

自賠責保険に被害者請求をした後、保険会社と交渉し、逸失利益と過失割合が争点となりました。

逸失利益の基礎収入は事故前年度を用いるのが原則ですが、交渉の結果、直近3ヶ月を1年に引き直した金額での計算で合意でき、被害者に有利な計算となりました。

最終的には、761万5625円で示談解決となりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害11級7号】約850万円を獲得!

ご相談者 35歳 男性 部位 脊柱
ご相談の経緯

被害者は、自分では示談交渉は難しいと考え、みらい総合法律事務所の弁護士に示談交渉を依頼。

症状 脊柱圧迫骨折 後遺障害等級 11級7号
解決額

851万1725円

35歳男性が、自転車で道路を横断中、左折自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、脊柱圧迫骨折で、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

被害者は、自分では示談交渉は難しいと考え、みらい総合法律事務所の弁護士に示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉したところ、過失割合が争いになりそうでした。

裁判にすると、被害者の過失が30%と認定される可能性があるところ、保険会社との間で20%で合意できたので、他の部分を多少譲歩して、示談解決としました。

示談金額は、851万1725円です。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【死亡事故】34歳男性で約9300万円を獲得!

被害者 34歳 男性 事例 死亡事故
ご相談の経緯 ご遺族は、加害者の刑事事件への参加を希望したため、
みらい総合法律事務所の弁護士に代理人を依頼。
解決額 9345万6562円

34歳男性の交通死亡事故です。

事故の状況は、被害者がバイクで走行していたところ、トラックが右折してきて起きたものです。

ご遺族は、加害者の刑事事件に被害者参加することとし、みらい総合法律事務所の弁護士に代理人を依頼しました。

刑事事件が終了した後、弁護士は裁判を起こしました。

裁判では、逸失利益の計算の基礎となる年収などが争われましたが、最終的には被害者の主張が認められ、9345万6562円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

Category:

【後遺障害12級6号】35歳男性で約2倍に増額!

ご相談者 35歳 男性 部位 右鎖骨遠位端骨折等
ご相談の経緯 被害者は、みらい総合法律事務所の無料相談を利用し、保険会社が提示した示談金額は「妥当ではない」と判断されたので、そのまま弁護士に示談交渉を依頼。
症状 右肩関節可動域制限
の後遺症
後遺障害等級 12級6号
保険会社
提示の示談金
476万0806円 解決額 1016万0427円 (約2倍に増額)

35歳男性の交通事故です。

事故の状況は、被害者がバイクで交差点に進入したところ、対向右折車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者は、右鎖骨遠位端骨折等の傷害を負いました。

治療の甲斐なく、右肩関節可動域制限の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級12級6号が認定されました。

加害者側の保険会社は、被害者に対し、既払い金の他、慰謝料などの損害賠償金として、476万0806円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、「まだ増額可能である」とのことだったので、弁護士に示談交渉を依頼することにしました。

弁護士と保険会社との交渉により、裁判基準で妥結し、最終的に1016万0427円で解決しました。

保険会社提示額の約2倍で解決したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【高次脳機能障害併合6級】34歳男性で約1000万円増額!

34歳男性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自動車で直進していたところ、路外から出てきた自動車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者は、びまん性脳損傷等の傷害を負いました。

治療の甲斐なく、被害者には、高次脳機能障害、両眼半盲等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は、7級4号、9級3号、12級相当の併合6級が認定されました。

被害者は、先に自分の保険会社に人身傷害保険を請求し、労災などとあわせて約5100万円を受領し、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼して裁判を起こしました。

その結果、総獲得金額は、7800万円。保険会社提示額は1678万7641円だったので、約1000万円増額しての解決となりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害11級7号】35歳男性で約2.5倍に増額!

35歳男性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自転車に乗って右折中に、左折してきた自動車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者は、脊柱圧迫骨折の傷害を負いました。

治療の甲斐なく後遺症が残り、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、すでに支払った治療費などを除き、慰謝料など損害賠償金として、345万3802円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所に、この金額の妥当性について相談したところ、弁護士から増額可能と判断されたため、示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉した結果、851万1725円まで増額して解決しました。

保険会社提示額の約2.5倍で解決したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【死亡事故】横臥事案で約4470万円獲得!

36歳男性の交通死亡事故です。事故の状況は、被害者が道路に横臥していたところ、走ってきたタクシーにはねられたものです。

保険会社は慰謝料の支払いを拒否。理由としては、事故の原因は、被害者が道路に横臥していたものである、ということでした。

そこで、ご遺族は、みらい総合法律事務所の弁護士に解決を依頼しました。

弁護士が裁判を起こした結果、最終的には主張が認められ、4470万1826円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

Category: