60歳代

【後遺障害10級11号】61歳女性で約2.2倍に増額!

ご相談者 61歳 女性 部位 左前後十字靭帯
ご相談の経緯

被害者が提示された金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「増額可能」と意見があったので、示談交渉を依頼。

症状 左前後十字靭帯損傷等 後遺障害等級 10級11号
保険会社
提示の示談金
689万3477円 解決額

1550万円
(約2.2倍に増額)

61歳主婦の女性が、交通事故で左前後十字靭帯損傷等の怪我をし、自賠責後遺障害等級
10級11号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉したところ、示談金は689万3477円になりました。

被害者が提示された金額の妥当性について、みらい総合法律事務所に相談し、「増額可能」と判断されたため、示談交渉を依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉した結果、大幅に増額し、1550万円で示談解決となりました。
保険会社提示額の約2.2倍に増額したことになります。

被害者からは、「保険会社からの提示金額より大幅に増えましたし、満足のいく結果で、
うれしく思います」とのお言葉をいただきました。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害10級11号】68歳女性で約2.1倍に増額!

ご相談者 68歳 女性 部位 左大腿骨頸部
ご相談の経緯

被害者が保険会社と交渉し、示談金が610万円になったところで、みらい総合法律事務所に相談し、示談交渉を依頼。

症状 左大腿骨頸部骨折等 後遺障害等級 10級11号
保険会社
提示の示談金
610万円 解決額

1300万円
(約2.1倍に増額)

68歳主婦の女性が、交通事故で左大腿骨頸部骨折等の怪我をし、自賠責後遺障害等級10級11号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉したところ、示談金は610万円になりました。

被害者が、みらい総合法律事務所に相談し、その後の示談交渉を依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉し、最終的に1300万円で示談解決となりました。

被害者からは、「2倍以上の金額になり驚いています。示談せずに相談して良かったです」とのお言葉をいただきました。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害併合10級】67歳男性で約3.7倍に増額!

ご相談者 67歳 男性 部位 脊柱
ご相談の経緯

被害者は、保険会社から提示された示談金額が低すぎるため、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼。

症状 脊柱圧迫骨折等 後遺障害等級 併合10級
保険会社
提示の示談金
534万8085円 解決額

2000万円
(約3.7倍に増額)

67歳男性が、自動車で交差点に進入したところ、赤信号無視の直進自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、脊柱圧迫骨折等で、自賠責後遺障害等級11級7号と12級13号の併合10級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉したところ、示談金は534万8085円になりましたが、金額が低すぎるということで、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼することにしました。

弁護士と保険会社の交渉は決裂し、裁判になりましたが、最終的には、大幅に増額し、
2000万円で解決となりました。

保険会社提示額の約3.7倍に増額しての解決となります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害併合8級】65歳男性で約1850万円獲得!

ご相談者 65歳 会社役員 部位 関節、下肢
ご相談の経緯

被害者は、示談交渉については弁護士に任せた方が望ましいと考え、みらい総合法律事務所に依頼。

症状 右肘関節機能障害、左手関節機能障害、右下肢感覚障害等 後遺障害等級 併合
8級
解決額

1856万9951円(相場より2割増額)

65歳の会社役員の男性が、自動車を運転していたところ、無免許・危険ドラッグを使用して運転操作が困難になって対向車線を逆走してきた自動車に衝突された交通事故です。

後遺症として、右肘関節機能障害、左手関節機能障害、右下肢感覚障害等が残り、自賠責後遺障害等級は併合8級が認定されました。

被害者は、示談交渉については弁護士に任せた方が望ましいと考え、みらい総合法律事務所に依頼をしました。

弁護士は、加害者が危険運転致傷罪にとわれるほどの悪質な危険運転であることを主張し、示談交渉では認められにくい慰謝料増額を認めさせました。相場より2割増額しました。

その結果、最終的に、1856万9951円で示談解決となりました。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害11級7号】67歳女性で約1150万円獲得!

ご相談者 67歳 女性 部位 脊髄
ご相談の経緯

被害者は、自分では交渉は難しいと判断し、当初より、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼。

症状 中心性脊髄損傷 後遺障害等級 11級7号
解決額

1151万8840円
(既往症の脊柱菅狭窄症については不問)

67歳女性主婦が、自転車で横断歩道を横断中、左折自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、中心性脊髄損傷で、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

被害者は、自分では交渉は難しいと判断し、当初より、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼しました。

後遺障害診断書の既往症に脊柱菅狭窄症の記載があったため、既往症の主張をされると厳しいところでしたが、最終的にはその点は不問とされ、1151万8840円での示談解決となりました。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害12級5号】69歳女性で約2倍に増額!

ご相談者 69歳 女性 部位 左肩鎖関節脱臼等
ご相談の経緯

被害者は、自分で示談交渉などをして解決するのは困難と考えて、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼。

症状 鎖骨変形 後遺障害等級 12級5号
解決額

520万円
(約2倍に増額)

69歳女性が、自転車で横断歩道横断中に、右折自動車に衝突された交通事故です。

ケガは、左肩鎖関節脱臼等で、鎖骨変形により自賠責後遺障害等級12級5号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉したところ、示談金は269万8360円となりました。

そこで、被害者は自分ではこれ以上は無理だと考え、みらい総合法律事務所の弁護士に示談交渉を依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉し、最終的には、裁判基準より高額な520万円で示談解決となりました。

示談交渉で裁判基準より高額な金額で解決できることは滅多にありませんので、ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害12級】64歳男性で約2.45倍に増額!

ご相談者 64歳 男性 部位 頭部
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼。

症状 耳鳴り・めまい 後遺障害等級 12級
保険会社
提示の示談金
256万5463円 解決額

630万円
(約2.45倍に増額)

64歳男性会社員が、自動車を運転し、赤信号で停止中、追突された交通事故です。

ケガによる後遺障害は、耳鳴りで12級、めまいで14級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金額が256万5463円となったところで、みらい総合法律事務所の弁護士に示談交渉を依頼しました。

保険会社は、逸失利益を否定していましたが、最終的には、弁護士の主張どおり、事故前年度の年収による逸失利益を認め、示談解決しました。

解決金額は、630万円です。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【死亡事故】67歳女性で4600万円を獲得!

被害者 67歳 女性(専業主婦)
ご相談の経緯

損害賠償額について、加害者側が調停を申し立てたため、ご遺族が、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼。

解決額

4600万円

67歳女性(専業主婦)が、交差点で横断歩道を歩行中、右折自動車に衝突された交通死亡事故です。

損害賠償をいくらにするかについて、加害者側が調停を申し立てたため、ご遺族がみらい総合法律事務所の弁護士に依頼をしました。

調停では、加害者側は、逸失利益を低く見積もってきたため、弁護士は、被害者が夫の介護などをしていることを主張立証し、賃金センサス満額の調停案となり、調停が成立しました。

解決金額は、4600万円です。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害併合11級】約400万円増額!

ご相談者 61歳 男性 部位 右腓骨骨折、右下腿前面挫創等
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談したところ、「増額可能」と判断されたためそのまま示談交渉を依頼。

症状 足関節可動域制限・足の瘢痕 後遺障害等級 12級7号、12級の併合11級
保険会社
提示の示談金
464万9468円 解決額

850万円
(約400万円の増額)

61歳男性が、交差点を原付バイクで直進中、右折自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、右腓骨骨折、右下腿前面挫創等で、自賠責後遺障害等級は、足関節可動域制限で12級7号、足の瘢痕で12級相当の併合11級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金は464万9468円となりました。

被害者が示談金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「増額可能」と判断されたため、示談交渉を依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉したところ、保険会社が弁護士基準の金額まで増額することに譲歩したため、示談解決となりました。

解決金額は、850万円です。保険会社提示額から約400万円増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害9級10号】66歳男性で約400万円増額!

ご相談者 66歳 アルバイト男性 部位 脊髄
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額のさらなる増額を望み、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼。

症状 中心性脊髄損傷 後遺障害等級 9級10号
保険会社
提示の示談金
933万0871円 解決額

1317万8357円
(約400万円の増額)

66歳アルバイト男性が、交通事故で中心性脊髄損傷などの怪我を負いました。

自賠責後遺障害等級は、9級10号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金額が933万0871円となりましたが、さらなる増額を望み、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼をしました。

弁護士が保険会社と交渉して増額に成功し、最終的には、1317万8357円で解決しました。

保険会社提示額から約400万円増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。