【高次脳機能障害】併合6級で6650万円を獲得!

45歳男性が交通事故に遭いました。

事故の状況としては、被害者が交差点の真ん中を夜間に歩行中、タクシーに衝突されたものです。

怪我の内容としては、脳挫傷と右足の骨折です。

治療を継続しても怪我は治らず、高次脳機能障害と右足可動域制限の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は、高次脳機能障害で7級、右足機能障害で12級の併合6級が認定されました。

被害者は、自分では解決困難と考え、インターネットで検索して、みらい総合法律事務所の無料相談を利用して、そのまま弁護士に依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、決裂し、裁判となりました。

理由としては、保険会社側は、被害者が事故によって減収がないので、逸失利益の損害がないし、交差点の真ん中横断で過失が大きいというものでした。

裁判で争われた結果、逸失利益は認められ、最終的に6650万円で解決しました。
ご依頼いただいて良かったと思います。

【遷延性意識障害】1級1号で約2400万円増額!

70歳男性が、横断歩道を歩行中に、自動車にはねられ、脳挫傷等の傷害を負う交通事故に遭いました。

治療のかいなく、遷延性意識障害となり、寝たきりになり、生涯にわたる介護が必要となってしまいました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、4505万3820円を提示しました。

被害者の親族がこの金額が妥当か判断するため、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士からは増額可能と言われたために、依頼を決意しました。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、折り合いがつかず、訴訟へ。

将来介護費用の立証により、増額が実現し、最終的に、6950万円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【高次脳機能障害5級】約7900万円獲得!

48歳男性が、バイクでT字路を右折しようとしたところ、右から信号無視のトラックが進行してきて衝突した交通事故。

被害者は、外傷性脳損傷の傷害を負いました。

治療の甲斐なく、被害者には、高次脳機能障害の後遺症が残りました。

自賠責の後遺障害等級は、5級が認定され、保険会社から示談交渉の要請が来ました。

被害者は、自分では解決が困難と考えて、みらい総合法律事務所の弁護士に解決を依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉しましたが、金額の折り合いがつかず、裁判となりました。

保険会社は、自賠責の後遺障害等級5級がおかしい、として争ってきましたが、裁判所の判断としては、5級が相当である、との意見が出されました。

その結果、裁判所の和解案にしたがい、7935万円で解決しました。

保険会社が後遺障害等級認定を争ってきたこともあり、ご依頼いただいて良かったと思います。

【高次脳機能障害】支払拒絶が1030万円に!

72歳女性が、原付バイクで信号機のない交差点を進行中、交通事故に遭いました。

外傷性脳損傷等の傷害を負い、高次脳機能障害の後遺症が残って、自賠責後遺障害等級3級3号が認定されました。

被害者は治療後、自賠責保険金を受け取り、合計で2357万8458円を受領しました。

その後、被害者は保険会社に対し、残りの賠償金の支払いを求めましたが、保険会社側は、被害者の過失が大きいので、すでに支払ったもので十分であり、支払を拒絶する、という回答でした。

そこで、被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に相談し、依頼しました。

弁護士が交渉しましたが、保険会社側は被害者の過失が65%あるとして、支払を拒否。

そこで、提訴しました。

最終的には、被害者の過失は45%となり、追加賠償金は、1030万円となりました。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

【高次脳機能障害】併合8級で2750万円獲得

22歳男性が、バイクで交差点を直進しようとしたところ、自動車が突然左折してきて、衝突した交通事故。

被害者は、頚椎骨折や脳挫傷等の傷害を負い、高次脳機能障害、外貌醜状、嗅覚障害の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は、9級10号、9級16号、12級の併合8級が認定されました。

被害者は、頚椎骨折が後遺障害非該当となるなど、等級が妥当かどうかすらわからなかったので、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士が検討した結果、後遺障害等級を上げるのは難しいと判断しましたが、一度異議申立をすることを前提に、全てを依頼しました。

異議申立しましたが、やはり、変わらずでしたので、示談交渉を開始しました。

最終的には、既払い金の約1300万円を除き、2750万円で解決しました。

お大事に。

【高次脳機能障害7級4号】約1564万円の増額!

24歳男性が、自転車で交差点を渡っている時に、自動車にひかれました。

脳挫傷で高次脳機能障害の後遺症が残ってしまいました。

自賠責後遺障害等級は、7級4号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、2949万9466円を提示しました。

被害者が直接交渉しても金額が上がらなかったために、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

保険会社の主張は、被害者の過失が20%であること、事故後被害者は普通に働いていたので、逸失利益は低いはずだ、というものでした。

みらい総合法律事務所の弁護士が交渉したところ、かなりの金額が増額されました。

最終的には、4515万2733円で解決しました。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

【後遺症併合10級】提示額の約11倍に増額!

40歳男性が、交通事故で頚髄不全損傷、頚椎骨折、胸椎圧迫骨折、頭部打撲症、脳震盪、左足第一足趾骨折等の傷害を負いました。

被害者の過失が大きかったため、加害者側の保険会社は支払を拒否。

被害者側の任意保険に人身傷害保険特約があったため、保険会社を通して後遺障害等級認定を申請したところ、11級7号が二つで併合10級が認定されました。

人傷保険からは、保険金として、145万4120円が提示されました。

被害者は、この金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士は増額の可能があると判断し、保険会社との交渉を依頼しました。

逸失利益が争点となりましたが、最終的には、1599万1542円で解決しました。

保険会社提示額の約11倍に増額したことになります。

ご依頼いただき、良かったと思います。

【高次脳機能障害】4歳で5200万円獲得!

4歳男子が交通事故により脳挫傷等の傷害を負いました。

幼児のため、後遺症の有無が慎重に判断され、13歳になり、ようやく症状固定しました。

症状固定時、高次脳機能障害の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は、9級10号が認定されました。

ご両親は、この9級10号の認定が正しいかどうか、判断してもらうため、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

ご両親は、異議申立を希望し、弁護士に診断書の書き方などの助言を受けましたが、内容が難しく、弁護士に依頼する方が得策だと判断し、依頼しました。

弁護士が示談交渉しましたが、交渉が決裂し、提訴。

保険会社側は、被害者の祖父の過失を、「被害者側の過失」として争ってきました。

しかし、裁判所は、当方の主張を認め、過失はゼロとなり、5200万円で和解が成立しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【遷延性意識障害】約3500万円の増額!

/center>

74歳女性が、交通事故で脳挫傷等の傷害を負いました。

怪我の状況がひどく、遷延性意識障害の後遺症が残し、自賠責後遺障害等級1級1号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など示談金として、5563万2490円を提示しました。

被害者のご家族が、弁護士に相談した方が良いのではないか、と思い、みらい総合法律事務所の弁護士無料相談を利用しました。

今後の進め方の説明や増額可能との説明を聞き、依頼。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、逸失利益の基礎収入、将来介護費用、後遺症慰謝料などで合意できず、提訴しました。

裁判でも上記の点について争われましたが、最終的には、当方の主張が認められ、9000万円で和解しました。

保険会社提示額から約3500万円増額したことになります。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

【高次脳機能障害】70歳女性で約1300万円増額!

70歳女性が、交通事故に遭い、脳挫傷等の傷害を負いました。

高次脳機能障害の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級3級が認定されました。

保険会社は、すでに支払済の治療費等の他、示談金として、2467万3229円を提示しました。

被害者がみらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、弁護士からは、増額可能と回答がありました。

そこで、被害者は弁護士に依頼しました。

慰謝料と将来介護費が争点となりましたが、最終的に、満額で合意し、3725万3303円で解決しました。

約1300万円増額したことになります。

ご依頼いただいて、良かったと思います。