後遺障害等級11級

【後遺障害11級】約400万円増額!

ご相談者 61歳 男性 部位 右腓骨骨折、右下腿前面挫創等
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談したところ、「増額可能」と判断されたためそのまま示談交渉を依頼。

症状 足関節可動域制限・足の瘢痕 後遺障害等級 12級7号、12級の併合11級
保険会社
提示の示談金
464万9468円 解決額

850万円
(約400万円の増額)

61歳男性が、交差点を原付バイクで直進中、右折自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、右腓骨骨折、右下腿前面挫創等で、自賠責後遺障害等級は、足関節可動域制限で12級7号、足の瘢痕で12級相当の併合11級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金は464万9468円となりました。

被害者が示談金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「増額可能」と判断されたため、示談交渉を依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉したところ、保険会社が弁護士基準の金額まで増額することに譲歩したため、示談解決となりました。

解決金額は、850万円です。保険会社提示額から約400万円増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害11級】50歳女性で約2.3倍に増額!

ご相談者 50歳 女性 部位 第二腰椎圧迫骨折等
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談したところ、「増額見込あり」と判断されたためそのまま示談交渉を依頼。

症状 脊柱変形 後遺障害等級 後遺障害等級11級7号
保険会社
提示の示談金
295万1330円 解決額

680万円
(約2.3倍に増額)

50歳女性が、自転車で交差点に一時停止を無視して侵入したところ、直進自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、第二腰椎圧迫骨折等で、脊柱変形の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金額は295万1330円となりました。

被害者が示談金の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「増額できそうだ」とのことだったので、弁護士に示談交渉を依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉し、最終的には、680万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.3倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害10級】43歳男性で約1.8倍に増額!

ご相談者 43歳 男性 部位 脊柱
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談したところ、「増額見込あり」と判断されたためそのまま示談交渉を依頼。

症状 脊柱圧迫骨折等 後遺障害等級 後遺障害等級11級7号
保険会社
提示の示談金
540万7419円 解決額

1000万円
(約460万円の増額)

43歳男性が、原付バイクで直進中、交差点で直進自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、脊柱圧迫骨折等で、自賠責後遺障害等級11級7号、12級5号の併合10級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金額は540万7419円となりました。

被害者が示談金の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「増額見込あり」とのことだったので示談交渉を依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉した結果、最終的に1000万円まで増額して示談解決となりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害併合11級)64歳女性で約2.5倍に増額!

ご相談者 64歳 女性 部位 第一腰椎椎体骨折
ご相談の経緯 被害者は、保険会社が提示した示談金額の妥当性についてみらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、「増額可能」と判断されたためそのまま示談交渉を依頼。
症状 脊柱変形等の後遺症 後遺障害等級 併合11級
保険会社
提示の示談金
397万4614円 解決額 990万円 (約2.5倍に増額)

64歳女性の交通事故です。事故の状況は、被害者が横断歩道を自転車横断中、右折自動車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者は、第一腰椎椎体骨折の傷害を負いました。

治療の甲斐なく脊柱変形等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級併合11級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、397万4614円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「まだ増額が可能」との意見があったので、示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉により、大幅に増額し、最終的に990万円での示談解決となりました。

保険会社提示額の約2.5倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害11級7号】45歳女性で約2倍に増額!

ご相談者 45歳 女性 部位 第一腰椎圧迫骨折
ご相談の経緯 被害者は、保険会社が提示した示談金額についてみらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、「増額可能」と判断されたためそのまま示談交渉を依頼。
症状 脊柱変形の後遺症 後遺障害等級 11級7号
保険会社
提示の示談金
357万6983円 解決額 730万円 (約2倍に増額)

45歳女性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自転車で横断歩道を横断中に、左折してきた自動車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者は、第一腰椎圧迫骨折の傷害を負い、治療の甲斐なく、後遺症が残って、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

保険会社は、すでに支払った金額の他、被害者に対して、慰謝料など損害賠償金として、357万6983円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、「金額は低いと判断します」と言われたので、弁護士に示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社の交渉の結果、示談金は730万円まで引き上げられて示談解決しました。

保険会社提示額の約2倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害11級7号】50歳男性で約2.8倍に増額!

50歳男性公務員の交通事故です。

事故の状況は、被害者と加害者の自動車が交差点にて衝突したものです。

本件事故により、被害者は、第四胸椎破裂骨折等の傷害を負いました。

治療の甲斐なく、脊柱変形の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、408万0470円を提示してきました。

被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に、この金額の妥当性を相談したところ、増額可能であるとのことだったので、示談交渉を依頼することにしました。

弁護士が保険会社と交渉したところ、保険会社は被害者が公務員であり、収入の減額がない、と主張してきましたが、最終的には譲歩し、1150万円での示談解決となりました。

保険会社提示額の約2.8倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害11級7号】67歳女性で1151万円獲得!

67歳女性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自転車で交差点を横断中に、左折してきた自動車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者は、脊柱圧迫骨折の傷害を負い、脊柱変形の後遺症が残りました。

自賠責後遺障害等級は、11級7号が認定され、被害者は、保険会社との示談交渉を、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉により、最終的に、1151万8840円で示談解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害11級】72歳女性で約1.7倍に増額!

72歳女性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が横断歩道を歩いて渡っていたところ、左折してきた自動車に衝突されたものです。

被害者は、本件事故により、第12腰椎圧迫骨折、第1腰椎圧迫骨折の傷害を負いました。

治療の甲斐なく、脊柱変形の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

保険会社から提示された示談金額が、597万4112円であり、被害者は、金額が低すぎるのではないか、と考え、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉の結果、最終的には、1010万円まで増額して解決となりました。

保険会社提示額の約1.7倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害11級7号】35歳男性で約2.5倍に増額!

35歳男性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自転車に乗って右折中に、左折してきた自動車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者は、脊柱圧迫骨折の傷害を負いました。

治療の甲斐なく後遺症が残り、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、すでに支払った治療費などを除き、慰謝料など損害賠償金として、345万3802円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所に、この金額の妥当性について相談したところ、弁護士から増額可能と判断されたため、示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉した結果、851万1725円まで増額して解決しました。

保険会社提示額の約2.5倍で解決したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害11級】40歳女性で1300万円獲得!

40歳女性主婦の交通事故です。

事故の状況は、被害者が横断歩道を歩行中、直進してきた自動車に衝突されたものです。

被害者は、本件事故により、眼窩底骨折、鼻骨骨折等の傷害を負い、外貌醜状で12級14号、神経症状で12級13号の併合11級という後遺障害等級が認定されました。

被害者は、他の弁護士に依頼しましたが、その弁護士が信頼できなくなり、みらい総合法律事務所の弁護士に変更をしました。

弁護士が保険会社と交渉した結果、1300万円という示談金額で解決できました。

ご依頼いただいて良かったと思います。