解決実績

【死亡事故】7歳女子で約1800万円増額!

7歳小学生女子の交通死亡事故です。

事故の状況は、被害者が自動車に同乗中、交差点で直進自動車に衝突されたものです。

保険会社は、四十九日が終わった後に、両親に対し、慰謝料など損害賠償金として、4248万円を提示しました。

そこで、両親がみらい総合法律事務所に、この金額の妥当性について相談し、そのまま示談交渉を依頼することとなりました。

弁護士と保険会社との交渉は決裂。裁判も高等裁判所まで争われました。

最終的には、6000万円での解決となり、保険会社提示額から約1800万円増額することができました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【死亡事故】62歳女性で5000万円で解決!

62歳専業主婦の女性の交通死亡事故です。

事故の状況は、被害者が道路横断中、直進してきた自動車に衝突されたものです。

被害者の遺族は、知人の紹介で、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉しましたが、決裂し、裁判に移行しました。

裁判では、逸失利益と過失相殺が争点となりましたが、最終的には、解決し、5000万円で決着となりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

Category:

【後遺障害11級】40歳女性で1300万円獲得!

40歳女性主婦の交通事故です。

事故の状況は、被害者が横断歩道を歩行中、直進してきた自動車に衝突されたものです。

被害者は、本件事故により、眼窩底骨折、鼻骨骨折等の傷害を負い、外貌醜状で12級14号、神経症状で12級13号の併合11級という後遺障害等級が認定されました。

被害者は、他の弁護士に依頼しましたが、その弁護士が信頼できなくなり、みらい総合法律事務所の弁護士に変更をしました。

弁護士が保険会社と交渉した結果、1300万円という示談金額で解決できました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害12級5号】46歳男性で約2.3倍に増額!

46歳男性会社員の交通事故です。

被害者が、自転車で直進していたところ、右折自動車に衝突されたものです。

被害者は、本件事故により、左肩鎖関節亜脱臼の傷害を負い、鎖骨変形の後遺症によって、自賠責後遺障害等級12級5号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、既払い金の他、慰謝料などの損害賠償金として、280万4400円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に、この金額が妥当かどうか相談したところ、まだ増額可能である、とのことだったので、弁護士に示談交渉を依頼することにしました。

弁護士と保険会社との交渉の結果、最終的には、651万7189円に増額し、保険会社提示額の約2.3倍で解決することとなりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害12級】80歳男性で約600万円獲得!

80歳男性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が車に同乗中に、対向してきた自動車に衝突されたものです。

被害者は、本件事故により、慢性硬膜下血腫の傷害を負い、神経症状で自賠責後遺障害等級12級13号が認定されました。

被害者は、自ら示談交渉することなく、初めからみらい総合法律事務所に示談交渉を依頼することとしました。

弁護士と保険会社との交渉は決裂して、裁判を起こし、最終的に、604万7040円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【高次脳機能障害3級】80歳で約1300万円増額!

80歳女性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が横断歩道を歩行中、右折してきた自動車に衝突されたものです。

被害者は、本件事故により、脳挫傷等の傷害を負い、高次脳機能障害で自賠責後遺障害等級3級3号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、3822万2051円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所に異議申立から示談交渉までを依頼しました。

弁護士が異議申立をしましたが、等級は上がりませんでした。

その後、弁護士が示談交渉をした結果、最終的に5159万6503円で解決しました。

保険会社提示額から、約1300万円増額での解決です。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【死亡事故】73歳で約3636万円を獲得!

73歳男性会社員の交通死亡事故です。

事故の状況は、被害者がバイクで交差点に侵入したところ、直進してきた自動車と衝突したものです。

ご遺族は、加害者の刑事事件に参加したい、という希望を持っていました。

そこで、インターネットで検索し、みらい総合法律事務所に依頼することにしました。

ご遺族と弁護士は刑事事件に被害者参加し、その後、弁護士は保険会社との交渉を開始しました。

弁護士と保険会社の交渉の結果、最終的に、過失相殺などを差し引いた残額の損害賠償金として、3636万1199円で解決となりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【死亡事故】78歳女性で約2000万円の増額!

78歳専業主婦の女性の死亡事故です。

事故の状況は、被害者が道路を歩いていたところ、後方から走行してきた自動車に衝突されたものです。

ご遺族は、すぐに他の法律事務所に依頼しましたが、その弁護士の処理が遅いとのことで、みらい総合法律事務所に依頼しなおすことになりました。

保険会社は、慰謝料など損害賠償金として、2392万0213円を提示してきました。

弁護士と保険会社との交渉は決裂し、裁判となりました。

裁判の結果、最終的に、4290万円で解決しました。

保険会社提示額から約2000万円増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害8級】異議申立で約4.67倍に増額!

46歳男性会社員の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自転車を走行中、対向してきたバイクに衝突されたものです。

被害者は、本件事故により、第三腰椎圧迫骨折の傷害を負い、脊柱変形で自賠責後遺障害等級11級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、388万7840円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、弁護士からは後遺障害等級の異議申立を勧められたため、依頼することにしました。

弁護士が異議申立をした結果、後遺障害等級は8級に認定されました。

弁護士と保険会社との交渉は決裂し、訴訟となりましたが、最終的には、1819万円で解決しました。

保険会社提示額の約4.67倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害12級7号】47歳女性で約3.5倍に増額!

47歳兼業主婦の女性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が原付バイクで走っていたところ、前を走っていた自動車が突然路外に左折したために起こったものです。

被害者は、本件事故により、骨盤骨折等の傷害を負い、右股関節の可動域制限の後遺症により、自賠責後遺障害等級12級7号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、275万3605円を提示しました。

被害者が、この金額を不満に思い、示談交渉をみらい総合法律事務所の弁護士に依頼することにしました。

弁護士と保険会社の交渉により、示談金は、保険会社提示額の約3.5倍にまで増額し、985万円での解決となりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。