解決実績

【後遺障害14級9号】54歳女性で約2.4倍に増額!

ご相談者 54歳 女性 部位
ご相談の経緯

被害者が提示された金額の妥当性について、みらい総合法律事務所に相談し、示談交渉を依頼。

症状 頸椎捻挫 後遺障害等級 14級9号
保険会社
提示の示談金
138万2416円 解決額

318万2416円
(約2.4倍に増額)

54歳女性が、バスに乗車中の交通事故で、頸椎捻挫により後遺障害等級14級9号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金は、138万2416円となりました。

その後、被害者は、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼しました。

保険会社は逸失利益と後遺障害慰謝料について、自賠責基準を主張していましたが、弁護士が交渉した結果、弁護士基準となり、318万2416円で解決しました。

保険会社提示額の約2.4倍に増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害12級13号】66歳男性で約2倍に増額!

ご相談者 66歳 男性 部位
ご相談の経緯

被害者は金額の妥当性について、みらい総合法律事務所に相談し、増額可能との判断だったことから、弁護士に示談交渉を依頼。

症状 頸椎捻挫 後遺障害等級 12級13号
保険会社
提示の示談金
274万6487円 解決額

569万0397円
(約2倍に増額)

66歳パートの男性が、センターラインオーバーの自動車に衝突され、頸椎捻挫の傷害
を負い、後遺障害等級12級13号の後遺症が残りました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金は、274万6487円となりました。

被害者は金額の妥当性について、みらい総合法律事務所に相談し、増額可能との判断
だったことから、弁護士に示談交渉を依頼しました。

弁護士が交渉した結果、最終的に、569万
0397円で解決となりました。

保険会社提示額の約2倍に増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【併合4級】23歳男性で約3400万円増額!

ご相談者 23歳 男性 部位 左上肢
ご相談の経緯

被害者が提示された金額の妥当性について、みらい総合法律事務所に相談し、示談交渉を依頼。

症状 左上肢欠損 後遺障害等級 併合4級
保険会社
提示の示談金
4605万5656円 解決額

7981万円
(約3400万円の増額)

23歳会社員の男性が、交通事故により左上肢欠損などの後遺症で自賠責後遺障害等級
併合4級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金は4605万5656円となり、この金額が妥当か
どうかわからなかったため、みらい総合法律事務所に相談しました。

相談の結果、弁護士に示談交渉を依頼し、弁護士が交渉を開始しました。

結局、交渉は決裂し、裁判となり、逸失利益が争点となりましたが、最終的には弁護士
の主張が満額認められ、7981万円で解決となりました。

保険会社提示額から約3400万円増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【死亡事故】81歳男性で3240万円獲得!

被害者 81歳 男性
ご相談の経緯

ご遺族は、当初より示談交渉を、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼。

解決額

3240万円

81歳男性の死亡交通事故。

信号機のない横断歩道を横断中に自動車に衝突されたものです。

ご遺族は、当初より示談交渉を、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉しましたが、保険会社側が慰謝料を弁護士基準の最低額を主張し、また過失割合でも合意できずに提訴しました。

最終的には保険会社側が譲歩し、3240万円で裁判上の和解解決となりました。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害14級9号】56歳男性で約2.6倍に増額!

ご相談者 56歳 男性 部位 右母指
ご相談の経緯

被害者が提示された金額の妥当性について、みらい総合法律事務所に相談し、示談交渉を依頼。

症状 右母指挫傷 後遺障害等級 14級9号
保険会社
提示の示談金
122万2523円 解決額

320万円
(約2.6倍に増額)

56歳会社員の男性が交通事故により右母指挫傷の傷害を負い、自賠責後遺障害等級14級9号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉したところ、示談金は122万2523円となりました。

その後、被害者は示談交渉をみらい総合法律事務所の弁護士に依頼することにしました。

保険会社は、当初、逸失利益と後遺障害慰謝料を自賠責基準で主張していましたが、交渉により譲歩し、裁判基準で示談解決となりました。

解決金額は320万円で、当初提示額の約2.6倍に増額したことになります。ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害併合8級】51歳男性で約2.2倍に増額!

ご相談者 51歳 男性 部位
ご相談の経緯

被害者が提示された金額の妥当性について、みらい総合法律事務所に相談し、示談交渉を依頼。

症状 外貌醜状、耳鳴り等の
後遺症
後遺障害等級 併合8級
保険会社
提示の示談金
887万2009円 解決額

2000万円
(約2.2倍に増額)

51歳会社員の男性が交通事故に遭い、外貌醜状、耳鳴り等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級併合8級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉したところ、示談金は887万2009円となりました。

その後、被害者は示談交渉をみらい総合法律事務所の弁護士に依頼することにしました。

弁護士が保険会社と交渉したところ、保険会社は外貌醜状であることから、当初、逸失利益を0と主張していましたが、その後譲歩して被害者の逸失利益を認め、最終的には2000万円で示談解決となりました。

保険会社提示額の約2.2倍に増額したことになります。ご依頼いただいてよかったと思います。

【死亡事故】75歳女性で約1500万円増額!

被害者 75歳 女性
ご相談の経緯

ご遺族は、保険会社と交渉後、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼。

保険会社
提示の示談金
1964万5468円 解決額

3500万円
(保険会社提示額から約1500万円の増額)

75歳女性が交通事故の被害に遭い、半年間の入院後、死亡した事故です。

ご遺族が保険会社と交渉し、示談金額は1964万5468円となりました。

その後、ご遺族が、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼しましたが、交渉は決裂し、裁判になりました。

過失相殺が問題となりましたが、最終的には増額に成功し、3500万円での解決となりました。保険会社提示額から約1500万円増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害2級1号】15歳男性で約1億2000万円獲得!

ご相談者 15歳 男性 部位 頭部
ご相談の経緯

重症事案であったため、両親は当初より示談交渉を、みらい総合法律事務所に依頼。

症状 脳挫傷等 後遺障害等級 2級1号
解決額

1億6900万円
(自賠責保険金3000万円、内払い2000万円、示談金1億1900万円)

15歳男性が脳挫傷等の傷害により自賠責後遺障害等級2級1号が認定されました。

重症事案であったため、両親は当初より示談交渉を、みらい総合法律事務所に依頼し
ました。

弁護士が保険会社と交渉したところ、将来介護費用を拒否されましたが、交渉の結果、
保険会社が譲歩し、最終的に、自賠責保険金3000万円、内払い2000万円、
示談金1億1900万円の合計1億6900万円で解決しました。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害2級1号】7歳女児で約2300万円の増額!

ご相談者 7歳女児の両親 部位 頭部
ご相談の経緯

被害者の両親が提示された金額の妥当性について、みらい総合法律事務所に相談し、示談交渉を依頼。

症状 高次脳機能障害 後遺障害等級 2級1号
保険会社
提示の示談金
9742万9122円 解決額

1億2000万円
(約2300万円の増額)

7歳女児が交通事故で高次脳機能障害の後遺症を負い、自賠責後遺障害等級2級1号が認定されました。

被害者の両親が保険会社と交渉し、示談金額は、9742万9122円となりました。

そこで、いくらまで請求できるのか、両親がみらい総合法律事務所に相談し、そのまま依頼することになりました。

弁護士が保険会社と交渉し、示談金額は1億2000万円まで増額され、弁護士としては、裁判でさらなる増額が期待できると説明しましたが、両親としては裁判まではしたくないというご希望で、示談解決となりました。

保険会社提示額から約2300万円増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害14級9号】52歳男性で約2.5倍に増額!

ご相談者 52歳 男性 部位 頸部
ご相談の経緯

被害者が提示された金額の妥当性について、みらい総合法律事務所に相談し、示談交渉を依頼。

症状 頸部神経症 後遺障害等級 14級9号
保険会社
提示の示談金
174万3593円 解決額

438万4355円
(約2.5倍に増額)

52歳男性会社経営者が交通事故で頸部神経症の傷害を負い、自賠責後遺障害等級14級9号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金は174万3593円になりました。

被害者が、みらい総合法律事務所に相談し、示談交渉を依頼することとなりました。

弁護士が保険会社と交渉し、最終的に、示談金は約2.5倍に増額し、438万4355円で解決となりました。

ご依頼いただいてよかったと思います。