解決実績

【後遺障害10級】61歳女性で約2.2倍に増額!

ご相談者 61歳 女性 部位 左前後十字靱帯
ご相談の経緯 被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談。
症状 左前後十字靱帯損傷 後遺障害等級 10級11号
保険会社
提示の示談金
6,893,477円 解決額 1550万円 (約2.2倍に増額)

61歳専業主婦の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自転車で直進中に、路外から出てきた自動車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者は、左前後十字靱帯損傷等の傷害を負い、自賠責後遺障害等級10級11号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、6,893,477円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の無料相談で、この金額の妥当性について確認したところ、「低すぎる」ということだったので、弁護士に示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉の結果、示談金は、1550万円まで増額して、示談解決となりました。

保険会社提示額の約2.2倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害12級】55歳男性で約7倍に増額!

ご相談者 55歳 男性 部位 頭部
ご相談の経緯 被害者は、保険会社から「弁護士ではないから増額できない」と増額を拒否されたため、みらい総合法律事務所に相談。
症状 頭部皮下血腫等 後遺障害等級 12級14号
保険会社
提示の示談金
48万1569円 解決額 340万円 (約7倍に増額)

55歳男性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が道路を横断していたところ、直進してきた自動車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者は、頭部皮下血腫等の傷害を負いました。

自賠責後遺障害等級を申請したところ、12級14号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉しましたが、保険会社は、「弁護士ではないから弁護士基準は提示できない」として、48万1569円の示談金を提示しました。

そこで被害者は、みらい総合法律事務所の弁護士に示談交渉を依頼することにしました。

弁護士が保険会社と交渉し、最終的には、340万円で示談解決となりました。

保険会社提示額の約7倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【脊髄損傷3級】75歳女性で約2000万円増額!

ご相談者 75歳 女性 部位 脊髄
ご相談の経緯 被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談。
症状 脊髄損傷 後遺障害等級 3級3号
保険会社
提示の示談金
2843万5830円 解決額 4900万円 (約2000万円の増額)

75歳女性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自動車に同乗中に、交差点で出会い頭に衝突したものです。

本件事故により、被害者は、脊髄損傷の怪我を負い、自賠責後遺障害等級3級3号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料などの損害賠償金として、2843万5830円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「金額が低すぎる」と指摘を受けたため、示談交渉を依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉して、最終的には、示談金は、4900万円となりました。

保険会社提示額から、約2000万円の増額となります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【死亡事故】34歳男性で約9300万円を獲得!

被害者 34歳 男性 事例 死亡事故
ご相談の経緯 ご遺族は、加害者の刑事事件への参加を希望したため、
みらい総合法律事務所の弁護士に代理人を依頼。
解決額 9345万6562円

34歳男性の交通死亡事故です。

事故の状況は、被害者がバイクで走行していたところ、トラックが右折してきて起きたものです。

ご遺族は、加害者の刑事事件に被害者参加することとし、みらい総合法律事務所の弁護士に代理人を依頼しました。

刑事事件が終了した後、弁護士は裁判を起こしました。

裁判では、逸失利益の計算の基礎となる年収などが争われましたが、最終的には被害者の主張が認められ、9345万6562円で解決しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

Category:

【死亡事故】74歳男性で約5000万円を獲得!

被害者 74歳 男性 事例 死亡事故
ご相談の経緯 ご遺族は、当初より自分達での解決は困難だと判断したため、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼。
解決額 5038万6781円

74歳男性の交通死亡事故です。

事故の状況は、被害者が横断歩道を歩いていたところ、自動車に衝突されたものです。

ご遺族は、事件の解決をみらい総合法律事務所の弁護士に依頼することとしました。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、話し合いがつかず、訴訟にて解決することとなりました。

訴訟の結果、最終的に、慰謝料は2500万円となり、5038万6781円で解決することとなりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害併合10級】67歳男性で約3.7倍に増額!

ご相談者 67歳 男性 部位 脊柱圧迫骨折等
ご相談の経緯 被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談。
症状 脊柱変形と右肩痛の後遺症 後遺障害等級 11級7号と12級13号の併合10級
保険会社
提示の示談金
534万8085円 解決額 2000万円 (約3.7倍に増額)

67歳男性が、自動車で交差点を直進していたところ、左方からの直進自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、脊柱圧迫骨折等で、脊柱変形と右肩痛の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は11級7号と12級13号の併合10級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金が534万8085円となったところで、みらい総合法律事務所に相談し、依頼することとしました。

弁護士と保険会社との交渉は決裂し、裁判になりました。

裁判では、会社の損害なども争点となり、激しく争われましたが、最終的には、大幅に増額し、2000万円で解決しました。

保険会社提示額の約3.7倍に増額したことになります。

お大事に。

【後遺障害併合14級】43歳女性で約3.7倍に増額!

ご相談者 43歳 女性 部位 頸椎捻挫等
ご相談の経緯 被害者は、保険会社が提示した示談金額の妥当性についてみらい総合法律事務所に相談したところ、「低すぎる」と判断されたためそのまま示談交渉を依頼。
症状 神経症状の後遺症 後遺障害等級 併合14級
保険会社
提示の示談金
114万2903円 解決額 430万円 (約3.7倍に増額)

43歳女性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が赤信号で停車中、後続自動車に追突されたものです。

本件事故により、被害者は、頸椎捻挫等の傷害を負いました。

治療の甲斐なく神経症状の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は併合14級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、114万2903円を提示しました。

被害者は、この金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、弁護士から「まだ増額が可能」との意見があったので、示談交渉を依頼することにしました。

弁護士が保険会社と交渉した結果、最終的に、保険会社提示額の約3.7倍にまで増額し、430万円での示談解決となりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害併合11級)64歳女性で約2.5倍に増額!

ご相談者 64歳 女性 部位 第一腰椎椎体骨折
ご相談の経緯 被害者は、保険会社が提示した示談金額の妥当性についてみらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、「増額可能」と判断されたためそのまま示談交渉を依頼。
症状 脊柱変形等の後遺症 後遺障害等級 併合11級
保険会社
提示の示談金
397万4614円 解決額 990万円 (約2.5倍に増額)

64歳女性の交通事故です。事故の状況は、被害者が横断歩道を自転車横断中、右折自動車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者は、第一腰椎椎体骨折の傷害を負いました。

治療の甲斐なく脊柱変形等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級併合11級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、397万4614円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「まだ増額が可能」との意見があったので、示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉により、大幅に増額し、最終的に990万円での示談解決となりました。

保険会社提示額の約2.5倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【21歳死亡事故】約3300万円の増額!

被害者 21歳 男性 事例 死亡事故
ご相談の経緯 ご遺族は、保険会社から提示された示談金額の妥当性に
ついて確認するため、みらい総合法律事務所の弁護士に
相談。
保険会社
提示の示談金
6171万5418円 解決額 9500万円 (約3300万円の増額)

21歳男性の交通死亡事故です。

事故の状況は、被害者が路上に立っていたところ、走ってきた自動車に衝突されたものです。

保険会社は、ご遺族に対し、慰謝料など損害賠償金として、6171万5418円を提示しました。

ご遺族が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「低すぎるのではないか」ということだったので、示談交渉を依頼することにしました。

弁護士と保険会社の示談交渉は決裂し、裁判での決着となりました。

最終的には、保険会社提示額から約3300万円増額し、9500万円での解決となりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

Category:

【後遺障害11級7号】45歳女性で約2倍に増額!

ご相談者 45歳 女性 部位 第一腰椎圧迫骨折
ご相談の経緯 被害者は、保険会社が提示した示談金額についてみらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、「増額可能」と判断されたためそのまま示談交渉を依頼。
症状 脊柱変形の後遺症 後遺障害等級 11級7号
保険会社
提示の示談金
357万6983円 解決額 730万円 (約2倍に増額)

45歳女性の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自転車で横断歩道を横断中に、左折してきた自動車に衝突されたものです。

本件事故により、被害者は、第一腰椎圧迫骨折の傷害を負い、治療の甲斐なく、後遺症が残って、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

保険会社は、すでに支払った金額の他、被害者に対して、慰謝料など損害賠償金として、357万6983円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、「金額は低いと判断します」と言われたので、弁護士に示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社の交渉の結果、示談金は730万円まで引き上げられて示談解決しました。

保険会社提示額の約2倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。