解決実績

【高次脳機能障害】併合8級で2750万円獲得

22歳男性が、バイクで交差点を直進しようとしたところ、自動車が突然左折してきて、衝突した交通事故。

被害者は、頚椎骨折や脳挫傷等の傷害を負い、高次脳機能障害、外貌醜状、嗅覚障害の後遺症を残して症状固定しました。

自賠責後遺障害等級は、9級10号、9級16号、12級の併合8級が認定されました。

被害者は、頚椎骨折が後遺障害非該当となるなど、等級が妥当かどうかすらわからなかったので、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士が検討した結果、後遺障害等級を上げるのは難しいと判断しましたが、一度異議申立をすることを前提に、全てを依頼しました。

異議申立しましたが、やはり、変わらずでしたので、示談交渉を開始しました。

最終的には、既払い金の約1300万円を除き、2750万円で解決しました。

お大事に。

【高次脳機能障害7級4号】約1564万円の増額!

24歳男性が、自転車で交差点を渡っている時に、自動車にひかれました。

脳挫傷で高次脳機能障害の後遺症が残ってしまいました。

自賠責後遺障害等級は、7級4号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、示談金として、2949万9466円を提示しました。

被害者が直接交渉しても金額が上がらなかったために、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼しました。

保険会社の主張は、被害者の過失が20%であること、事故後被害者は普通に働いていたので、逸失利益は低いはずだ、というものでした。

みらい総合法律事務所の弁護士が交渉したところ、かなりの金額が増額されました。

最終的には、4515万2733円で解決しました。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

【後遺症併合10級】提示額の約11倍に増額!

40歳男性が、交通事故で頚髄不全損傷、頚椎骨折、胸椎圧迫骨折、頭部打撲症、脳震盪、左足第一足趾骨折等の傷害を負いました。

被害者の過失が大きかったため、加害者側の保険会社は支払を拒否。

被害者側の任意保険に人身傷害保険特約があったため、保険会社を通して後遺障害等級認定を申請したところ、11級7号が二つで併合10級が認定されました。

人傷保険からは、保険金として、145万4120円が提示されました。

被害者は、この金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

弁護士は増額の可能があると判断し、保険会社との交渉を依頼しました。

逸失利益が争点となりましたが、最終的には、1599万1542円で解決しました。

保険会社提示額の約11倍に増額したことになります。

ご依頼いただき、良かったと思います。

【死亡事故】77歳女性で3600万円獲得!

77歳女性が、交通死亡事故に遭いました。

相続人としては、子供2人がおりました。

子供達は、加害者が許せないので、刑事事件にも被害者として参加したい、という意向を持っており、そのために、みらい総合法律事務所の弁護士に、刑事事件の被害者参加のサポートから依頼をしました。

刑事事件が終わり、保険会社から提示額がありましたが、その金額は、1914万6100円でした。

大変不満な金額が提示されたため、提訴。

被害者の過失と、逸失利益(家事労働)の有無が争点になりました。

しかし、最終的には、当方の主張が認められ、3600万円で解決しました。

訴訟提起前の金額から、訴訟をしたことにより、約1700万円増額したことになります。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

【死亡事故】74歳女性で約2.42倍に増額!

74歳女性が、交通事故に遭い、心臓破裂等を原因として死亡しました。

事故は、被害はが歩道を歩いていたところ、路外から道路に侵入してきた自動車に衝突されたというものです。

ひき逃げが問題となったため、刑事手続が延びてしまい、加害者側から債務不存在確認訴訟を提起されました。

そして、加害者側としては、賠償金として2000万円が限度だと主張しました。

そこで、ご遺族は、みらい総合法律事務所に依頼をしました。

加害者側の主張は、被害者は家事を分担しておらず、逸失利益はないこと、慰謝料はせいぜい2000万円であることなどを主張しました。

最終的には、被害者側弁護士の主張が認められ、逸失利益が認められ、慰謝料は2400万円が認められました。

その結果、4857万円で和解が成立しました。

加害者提示額の約2.42倍に増額し、かつ、約2857万円増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【高次脳機能障害】4歳で5200万円獲得!

4歳男子が交通事故により脳挫傷等の傷害を負いました。

幼児のため、後遺症の有無が慎重に判断され、13歳になり、ようやく症状固定しました。

症状固定時、高次脳機能障害の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は、9級10号が認定されました。

ご両親は、この9級10号の認定が正しいかどうか、判断してもらうため、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

ご両親は、異議申立を希望し、弁護士に診断書の書き方などの助言を受けましたが、内容が難しく、弁護士に依頼する方が得策だと判断し、依頼しました。

弁護士が示談交渉しましたが、交渉が決裂し、提訴。

保険会社側は、被害者の祖父の過失を、「被害者側の過失」として争ってきました。

しかし、裁判所は、当方の主張を認め、過失はゼロとなり、5200万円で和解が成立しました。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【遷延性意識障害】約3500万円の増額!

/center>

74歳女性が、交通事故で脳挫傷等の傷害を負いました。

怪我の状況がひどく、遷延性意識障害の後遺症が残し、自賠責後遺障害等級1級1号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など示談金として、5563万2490円を提示しました。

被害者のご家族が、弁護士に相談した方が良いのではないか、と思い、みらい総合法律事務所の弁護士無料相談を利用しました。

今後の進め方の説明や増額可能との説明を聞き、依頼。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、逸失利益の基礎収入、将来介護費用、後遺症慰謝料などで合意できず、提訴しました。

裁判でも上記の点について争われましたが、最終的には、当方の主張が認められ、9000万円で和解しました。

保険会社提示額から約3500万円増額したことになります。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

【後遺症12級】神経症状で約2.88倍に増額!

45歳女性運転手が、センターラインオーバーの車に衝突され、右足関節脱臼骨折の傷害を負いました。

保険会社から治療費や休業補償をもらいながら治療に専念しましたが、関節機能障害の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級12級7号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など示談金として、380万8142円を提示しました。

被害者は、この金額に不満を持ち、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士からは、十分増額可能との意見があったので、弁護士に依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉したところ、被害者は事故前より収入が増額していたので、逸失利益はないのではないか、というのが賠償金を低く提示した理由でした。

そこで、弁護士が交渉したところ、最終的には保険会社も逸失利益を認め、1100万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.88倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

【死亡事故】男性死亡事故で約1億円で解決!

男性医大生が、自転車走行中に自動車と衝突し、死亡しました。

加害者が刑事事件となったため、ご両親は、その対応を含め、みらい総合法律事務所に依頼しました。

弁護士が刑事事件にも被害者遺族代理人として関与し、刑事事件が終了したため、自賠責保険を請求し、3000万円を受領しました。

その後、提訴しました。

逸失利益の基礎収入が問題となりました。

保険会社は、まだ大学生なので、平均給与額を基準にすべきと主張し、当方は、将来医師となり、高収入の蓋然性が高いので、医師の収入を基準とすべき、と主張しました。

結果としては、当方の主張が認められ、医師の収入が基準とされ、7253万0710円で解決しました。

自賠責保険金を含め、約1億円で解決したことになります。

ご依頼いただいて、良かったと思います。

Category:

TBSテレビ「ひるおび」出演2016.4.5

当事務所の谷原誠弁護士が、2016年4月5日放送のTBSテレビ「ひるおび」から取材を受け、コメントが紹介されました。

交通安全週間が始まるにあたり、交通事故の専門家としてコメントを求められたものです。

Category: