【後遺障害11級】約400万円増額!

ご相談者 61歳 男性 部位 右腓骨骨折、右下腿前面挫創等
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談したところ、「増額可能」と判断されたためそのまま示談交渉を依頼。

症状 足関節可動域制限・足の瘢痕 後遺障害等級 12級7号、12級の併合11級
保険会社
提示の示談金
464万9468円 解決額

850万円
(約400万円の増額)

61歳男性が、交差点を原付バイクで直進中、右折自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、右腓骨骨折、右下腿前面挫創等で、自賠責後遺障害等級は、足関節可動域制限で12級7号、足の瘢痕で12級相当の併合11級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金は464万9468円となりました。

被害者が示談金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「増額可能」と判断されたため、示談交渉を依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉したところ、保険会社が弁護士基準の金額まで増額することに譲歩したため、示談解決となりました。

解決金額は、850万円です。保険会社提示額から約400万円増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。