【後遺障害1級】15歳女性で約1億4500万円を獲得!

ご相談者 15歳 女性 部位 脳挫傷等
ご相談の経緯

被害者の家族は、自分達で示談交渉などをして解決するのは困難と考えて、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼。

症状 高次脳機能障害 後遺障害等級 後遺障害等級1級
解決額

1億4500万2586円

15歳女性が、路外から自転車で道路を横断しようとしたところ、直進自動車に衝突された交通事故です。

ケガは、脳挫傷等で、高次脳機能障害の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級2級が認定され、その後症状が悪化して、自賠責後遺障害等級1級が認定されました。

賠償額が高額であったことから、弁護士と保険会社の主張の開きは大きく、訴訟提起となりました。

裁判では弁護士が将来介護費用を丁寧に立証し、近親者介護費用の相場1日8000円のところ、相場以上の金額として、両親が67歳まで1日1万円が認められました。また、67歳以降は職業介護人として1日2万円が認められました。

結果として、最終的には1億4500万2586円での解決となりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。