【後遺障害8級】46歳男性で約2700万円獲得!

ご相談者 46歳会社役員 男性 部位 胸部、
前腕等
ご相談の経緯

被害者が、みらい総合法律事務所に相談したところ、
後遺障害等級が間違っている可能性を指摘されたため
異議申立を依頼。

症状 外傷性出血性ショック、肋骨多発骨折、左尺骨幹部骨折等 後遺障害等級 後遺障害等級8級
解決額

2716万円

46歳会社役員の男性が、バイクで走行中、交差点で右折自動車に衝突された交通事故です。

ケガは、外傷性出血性ショック、肋骨多発骨折、左尺骨幹部骨折等で、自賠責後遺障害等級併合10級が認定されました。

その段階で、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、後遺障害等級が間違っている可能性を指摘され、弁護士に異議申立を依頼しました。

弁護士が異議申立をした結果、後遺障害等級は併合8級に上がり、示談交渉を開始しました。

交渉の結果、最終的に、2716万円で示談解決となりました。

ご依頼いただいて良かったと思います。