【後遺障害14級】55歳女性で約4倍に増額!

ご相談者 55歳 専業主婦の女性 部位 左膝内側半月板損傷、頸椎捻挫等
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談したところ、「この金額は自賠責保険基準である」と指摘されたためそのまま示談交渉を依頼。

症状 神経症状の後遺症 後遺障害等級 後遺障害等級14級
保険会社
提示の示談金
74万7227円 解決額

294万9225円
(約4倍に増額)

55歳専業主婦の女性が自転車で走行中に、路外から出てきた自動車に衝突された交通事故です。

ケガは、左膝内側半月板損傷、頸椎捻挫等で、神経症状の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級14級9号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉したところ、示談金は、74万7227円ということになりました。

被害者が金額の妥当性について、みらい総合法律事務所に相談したところ、「この金額は自賠責保険基準である」と指摘され、示談交渉を弁護士に依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉し、最終的には、294万9225円で解決となりました。

保険会社提示額の約4倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。