【後遺障害非該当】提示額の198倍に増額!

ご相談者 38歳 男性 部位 下腿部
ご相談の経緯

被害者は、弁護士に依頼して保険会社と示談交渉をしていましたが、提示金額に納得できず、みらい総合法律事務所の弁護士に交渉を依頼。

症状 左脛骨高原骨折 後遺障害等級 12級
解決額

1150万円(他の弁護士が交渉していた時の提示額の約198倍に増額)

38歳男性が、バイクで走行中、自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、左脛骨高原骨折で、自賠責後遺障害等級は非該当となりました。

被害者は弁護士に依頼して保険会社と示談交渉をしていましたが、提示金額に納得できず、みらい総合法律事務所の弁護士に弁護士変更をしました。

自賠責後遺障害等級が非該当であったことから、示談交渉による解決は困難と考え、提訴。丁寧な立証活動により、裁判所は後遺障害等級12級を認め、最終的には、1150万円での解決となりました。

他の弁護士が交渉していた時の提示額の約198倍に増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。