首・腰

【後遺障害12級7号】46歳男性で約3.7倍に増額!

ご相談者 46歳 男性 部位 頚椎
症状 右頚椎骨折等 後遺障害等級 12級7号
保険会社
提示の示談金
292万2451円 解決額

1100万円
(約3.7倍に増額)

46歳男性が、バイク走行中、左折自動車に巻き込まれた交通事故です。

怪我は、右頚椎骨折等で、自賠責後遺障害等級12級7号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金額は、292万2451円となり、被害者は金額の妥当性を、みらい総合法律事務所の弁護士に相談しました。

相談の結果、弁護士に依頼した方が良いと判断し、弁護士と保険会社の交渉となりました。

過失割合が争点となりましたが、最後は合意に達し、1100万円で示談解決となりました。保険会社提示額の約3.7倍に増額したことになります。

依頼者からは、「本当にそんなに増額するのか半信半疑でしたが、本当に実現していただき、ありがとうございました。」とのお言葉をいただきました。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害3級3号】75歳女性で約2000万円増額!

ご相談者 75歳 女性 部位 脊髄
ご相談の経緯

被害者が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「増額可能」と意見があったので、示談交渉を依頼。

症状 脊髄損傷 後遺障害等級 3級3号
保険会社
提示の示談金
2843万5830円 解決額

4900万円
(約2000万円の増額)

75歳女性が、交差点で出合い頭の事故により、脊髄損傷の傷害を負いました。

自賠責後遺障害等級は、3級3号が認定され、保険会社が被害者に対し、示談金として、
2843万5830円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「増額可能」と意見があったので、示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社の交渉は決裂し、裁判になり、逸失利益が争点となりましたが、最終的には大幅に増額し、4900万円で解決しました。

保険会社提示額から約2000万円増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害併合10級】67歳男性で約3.7倍に増額!

ご相談者 67歳 男性 部位 脊柱
ご相談の経緯

被害者は、保険会社から提示された示談金額が低すぎるため、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼。

症状 脊柱圧迫骨折等 後遺障害等級 併合10級
保険会社
提示の示談金
534万8085円 解決額

2000万円
(約3.7倍に増額)

67歳男性が、自動車で交差点に進入したところ、赤信号無視の直進自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、脊柱圧迫骨折等で、自賠責後遺障害等級11級7号と12級13号の併合10級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉したところ、示談金は534万8085円になりましたが、金額が低すぎるということで、みらい総合法律事務所の弁護士に依頼することにしました。

弁護士と保険会社の交渉は決裂し、裁判になりましたが、最終的には、大幅に増額し、
2000万円で解決となりました。

保険会社提示額の約3.7倍に増額しての解決となります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害11級7号】29歳男性で約3.2倍に増額!

ご相談者 29歳 男性 部位 脊柱
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談したところ、増額が可能であるとの判断がなされたため、そのまま示談交渉を依頼。

症状 脊柱圧迫骨折 後遺障害等級 11級7号
保険会社
提示の示談金
163万2022円 解決額

520万円
(約3.2倍に増額)

29歳男性が、交通事故により、脊柱圧迫骨折の傷害を負い、自賠責後遺障害等級11級
7号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金は、163万2022円となりました。

そこで、被害者が示談金の適正額について、みらい総合法律事務所に相談したところ、
弁護士から増額が可能であるとの判断がなされたため、示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社の交渉は決裂し、裁判になりました。

裁判の結果、最終的に示談金は、520万円で解決となりました。

保険会社提示額の約3.2倍に増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害併合14級】43歳女性で約3.7倍に増額!

ご相談者 43歳 女性 部位 頚部
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談したところ、増額の見込みについて意見があったため、そのまま示談交渉を依頼。

症状 外傷性頚部症候群等 後遺障害等級 併合14級
保険会社
提示の示談金
114万2903円 解決額

430万円
(約3.7倍に増額)

43歳専業主婦の女性が、赤信号で停車していたところ、後続車両に追突された交通事故です。

怪我は、外傷性頚部症候群等で、自賠責後遺障害等級併合14級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉したところ、示談金は、114万2903円となり、この金額の妥当性について、みらい総合法律事務所に相談しました。

弁護士から、増額の見込みについて意見があったことから、弁護士に示談交渉を依頼しました。

弁護士が保険会社と交渉し、最終的に430万円で示談解決となりました。

保険会社提示額の約3.7倍に増額したことになります。

「想像以上に高額の賠償を勝ち取っていただき、ありがとうございました」とお礼の言葉をいただきました。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害14級9号】49歳男性で約3倍に増額!

ご相談者 49歳 男性 部位 頸椎捻挫等
ご相談の経緯

被害者は、弁護士に依頼することとし、他の弁護士事務所に依頼しましたが、その後、みらい総合法律事務所に依頼。

症状 神経症状の後遺症 後遺障害等級 14級9号
保険会社
提示の示談金
84万3370円 解決額

260万円
(約3倍に増額)

49歳男性が、道路を歩いていたところ、後方から走ってきた自動車に衝突された交通事故です。

ケガは、頸椎捻挫等で、神経症状の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級14級9号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉したところ、示談金は、84万3370円になりました。

被害者は弁護士に依頼することとし、他の弁護士事務所に依頼しましたが、その後、みらい総合法律事務所に依頼しなおしました。

保険会社は、被害者には後遺障害はない、として全面的に争ったため、提訴。最終的には後遺障害は認められ、260万円での解決となりました。

保険会社提示額の約3倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害14級9号】52歳男性で約2.5倍に増額!

ご相談者 52歳 男性 部位 頚部
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談したところ、「増額可能」と判断されたためそのまま示談交渉を依頼。

症状 頚部神経症 後遺障害等級 14級9号
保険会社
提示の示談金
174万3593円 解決額

438万4355円
(約2.5倍に増額)

52歳男性の交通事故です。

事故の状況は、被害者の車両が停車している時に、加害車両に追突されたものです。

本件事故により被害者は、頚部神経症の傷害を負い、神経症状の後遺症を残して、自賠責後遺障害等級14級9号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、174万3593円を提示しました。

被害者が、この金額の妥当性について、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、「低すぎる」とのことだったので、示談交渉を依頼することにしました。

弁護士と保険会社との交渉の結果、最終的には、438万4355円まで増額して示談解決となりました。

保険会社提示額の約2.5倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害12級7号】46歳男性で約3.7倍に増額!

ご相談者 46歳男性 部位 右頚骨骨折等
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所に相談したところ、「低すぎる」と判断されたためそのまま示談交渉を依頼。

症状 関節可動域制限の後遺症 後遺障害等級 12級7号
保険会社
提示の示談金
292万2451円 解決額

1100万円
(約3.7倍に増額)

46歳男性の交通事故です。

事故の状況は、被害者がバイクで直進していたところ、前方左折自動車に巻き込まれたものです。

本件事故により、被害者は、右頚骨骨折等の傷害を負い、関節の機能障害を原因として、自賠責後遺障害等級12級7号が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、292万2451円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所の無料相談を利用して、この示談金額の妥当性を確認したところ、弁護士からは、「まだ増額可能」と意見があったため、示談交渉を依頼することとしました。

弁護士が保険会社と交渉し、大幅に示談金が増額して、最終的に1100万円で示談解決しました。

保険会社提示額の約3.7倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害8級】異議申立で約4.67倍に増額!

46歳男性会社員の交通事故です。

事故の状況は、被害者が自転車を走行中、対向してきたバイクに衝突されたものです。

被害者は、本件事故により、第三腰椎圧迫骨折の傷害を負い、脊柱変形で自賠責後遺障害等級11級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、388万7840円を提示しました。

被害者が、みらい総合法律事務所の弁護士に相談したところ、弁護士からは後遺障害等級の異議申立を勧められたため、依頼することにしました。

弁護士が異議申立をした結果、後遺障害等級は8級に認定されました。

弁護士と保険会社との交渉は決裂し、訴訟となりましたが、最終的には、1819万円で解決しました。

保険会社提示額の約4.67倍に増額したことになります。

ご依頼いただいて良かったと思います。

【後遺障害11級】脊柱変更で約2.4倍に増額!

59歳男性会社員の交通事故です。

事故の状況は、被害者が交差点を自転車で横断中に、左折自動車に衝突されたものです。

被害者は、本件事故により、第一腰椎圧迫骨折の傷害を負いました。

治療の甲斐なく後遺症が残り、自賠責後遺障害等級は、11級7号と14級9号の併合11級が認定されました。

保険会社は、被害者に対し、慰謝料など損害賠償金として、415万1840円を提示しました。

被害者は、みらい総合法律事務所の無料相談で、本件示談金の妥当性を相談しました。

弁護士からは、増額可能との意見がありました。

そこで、被害者は、弁護士に示談交渉を依頼。

弁護士と保険会社が交渉しましたが、交渉は決裂して裁判へ。裁判では、最終的に1000万円で解決しました。

保険会社提示額の約2.4倍での決着です。

ご依頼いただいて良かったと思います。