解決実績

【後遺障害11級7号】67歳女性で約1150万円獲得!

ご相談者 67歳 女性 部位 脊髄
ご相談の経緯

被害者は、自分では交渉は難しいと判断し、当初より、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼。

症状 中心性脊髄損傷 後遺障害等級 11級7号
解決額

1151万8840円
(既往症の脊柱菅狭窄症については不問)

67歳女性主婦が、自転車で横断歩道を横断中、左折自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、中心性脊髄損傷で、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

被害者は、自分では交渉は難しいと判断し、当初より、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼しました。

後遺障害診断書の既往症に脊柱菅狭窄症の記載があったため、既往症の主張をされると厳しいところでしたが、最終的にはその点は不問とされ、1151万8840円での示談解決となりました。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害11級7号】50歳男性で約2.8倍に増額!

ご相談者 50歳 男性 部位 胸椎
ご相談の経緯

被害者が、保険会社から提示された示談金額の妥当性を確認するため、みらい総合法律事務所の無料相談を利用したところ、「増額可能」との意見があったので、そのまま示談交渉を依頼。

症状 第四胸椎破裂骨折等 後遺障害等級 11級7号
保険会社
提示の示談金
408万0470円 解決額

1150万円
(約2.8倍に増額)

50歳男性公務員が、自動車を運転中、交差点で出会い頭に衝突した交通事故です。

怪我は、第四胸椎破裂骨折等で、自賠責後遺障害等級11級7号が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金が408万0470円となったところで、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

弁護士から、「増額可能」との意見があったので、示談交渉を依頼しました。

保険会社は被害者が事故後給料が上がっていることから、逸失利益0円を主張しました。

しかし、弁護士が交渉した結果、逸失利益は676万円で妥結し、最終的に1150万円で解決となりました。

保険会社提示額の約2.8倍に増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害併合6級】34歳男性で約1000万円増額!

ご相談者 34歳 男性の会社員 部位 びまん性軸索損傷等
ご相談の経緯

被害者は、保険会社と示談交渉中に、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼。

症状 高次脳機能障害、両眼半盲、右下肢醜状、左下肢醜状等 後遺障害等級 併合6級
保険会社
提示の示談金
1678万7641円 解決額

2700万円
(約1000万円の増額)

34歳男性会社員が、自動車を運転中、右折自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、びまん性軸索損傷等で、高次脳機能障害、両眼半盲、右下肢醜状、左下肢醜状等の後遺症が残り、自賠責後遺障害等級併合6級が認定されました。

被害者が保険会社と交渉し、示談金が1678万7641円となった時点で、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社との交渉は決裂し、訴訟となり、過失割合が争点となりました。

最終的には、控訴審まで進み、2700万円での和解解決となりました。

保険会社提示額から約1000万円増額したことになります。
ご依頼いただいてよかったと思います。

【死亡事故】76歳男性で約2600万円獲得!

ご相談者 76歳 男性
ご相談の経緯

ご遺族の一部は、今後の進め方について、みらい総合法律事務所の無料相談を利用して、そのまま交渉を依頼。

解決額

2622万9346円
(解決金額は3497万2461円ですが、依頼者はご遺族の一部のため。)

76歳男性が、自動車を運転中、対向車に衝突された死亡事故です。

ご遺族の一部は、今後の進め方について、みらい総合法律事務所の無料相談にいらっしゃいました。そして、そのまま示談交渉を依頼しました。

弁護士と保険会社が交渉したところ、保険会社は慰謝料を2000万円と主張していましたが、弁護士が粘り強く交渉し、最終的には慰謝料を2800万円とすることで合意しました。

解決金額は、3497万2461円ですが、依頼者は、ご遺族の一部だったこともあり、依頼者が受け取った金額は、2622万9346円です。

【死亡事故】83歳女性で約2900万円獲得!

被害者 83歳 女性
ご相談の経緯

ご遺族は、今後の損害賠償の示談交渉について、みらい総合法律事務所の無料相談を利用して、交渉を依頼。

解決額

2909万4069円

83歳女性が道路を横断していたところ、直進自動車に衝突された交通死亡事故です。

ご遺族が今後の損害賠償の示談交渉について、みらい総合法律事務所の無料相談を利用して弁護士に相談しました。

その結果、弁護士に依頼することになり、弁護士が保険会社と交渉を開始しました。

交渉の結果、死亡慰謝料の相場は、2000万円~2500万円のところ、上限の2500万円で合意し、葬儀費用も相場の上限150万円を超える206万円で合意したことから、示談にて解決しました。

示談金額は、2909万4069円です。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害併合4級】51歳女性で約7275万円獲得!

ご相談者 51歳 兼業主婦の女性 部位 頭部外傷等
ご相談の経緯

被害者は、他の弁護士に依頼していましたが、みらい総合法律事務所の弁護士に変更して交渉を依頼。

症状 高次脳機能障害、てんかん、外貌醜状、嗅覚脱失等 後遺障害等級 併合4級
解決額

7275万0691円

51歳兼業主婦の女性が自転車で走行中、交差点で直進自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、頭部外傷等で、高次脳機能障害、てんかん、外貌醜状、嗅覚脱失等の後遺症が残りました。

自賠責後遺障害等級は併合4級が認定され、他の弁護士に依頼していましたが、みらい総合法律事務所の弁護士に相談してみて、弁護士を変更しました。

逸失利益が争点となり、基礎収入や労働能力喪失率が争点となりましたが、最終的には調停での解決となり、自賠責保険、対人賠償保険、人身傷害保険の合計で、7275万0691円での解決となりました。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害非該当】提示額の198倍に増額!

ご相談者 38歳 男性 部位 下腿部
ご相談の経緯

被害者は、弁護士に依頼して保険会社と示談交渉をしていましたが、提示金額に納得できず、みらい総合法律事務所の弁護士に交渉を依頼。

症状 左脛骨高原骨折 後遺障害等級 12級
解決額

1150万円(他の弁護士が交渉していた時の提示額の約198倍に増額)

38歳男性が、バイクで走行中、自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、左脛骨高原骨折で、自賠責後遺障害等級は非該当となりました。

被害者は弁護士に依頼して保険会社と示談交渉をしていましたが、提示金額に納得できず、みらい総合法律事務所の弁護士に弁護士変更をしました。

自賠責後遺障害等級が非該当であったことから、示談交渉による解決は困難と考え、提訴。丁寧な立証活動により、裁判所は後遺障害等級12級を認め、最終的には、1150万円での解決となりました。

他の弁護士が交渉していた時の提示額の約198倍に増額したことになります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【後遺障害12級5号】71歳女性で1260万円獲得!

ご相談者 71歳 女性 部位 肩鎖関節
ご相談の経緯

被害者は、初めから示談交渉をみらい総合法律事務所の弁護士に依頼。

症状 左肩鎖関節脱臼等 後遺障害等級 12級5号
解決額

1260万円

71歳専業主婦の女性が、交差点を横断中、左折自動車に衝突された交通事故です。

怪我は、左肩鎖関節脱臼等で、自賠責後遺障害等級は12級5号が認定されました。

被害者は、初めから示談交渉をみらい総合法律事務所に依頼しました。

保険会社が過失や逸失利益を争ったために裁判で決着をつけることになりました。

最終的には逸失利益も認められ、1260万円での解決となりました。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【死亡事故】36歳男性で3倍に増額!

被害者 36歳 男性 事例 死亡事故
ご相談の経緯

ご遺族は、保険会社から提示された示談金額の妥当性について確認するため、みらい総合法律事務所の弁護士に相談。

保険会社
提示の示談金
3300万円 解決額

3900万円
(提示金額300万円から3倍に増額)

36歳男性が、酔って道路に寝ていたところ、自動車に轢かれてしまった死亡事故です。

ご遺族は、自賠責保険に被害者請求をして、3000万円を確保してから保険会社と交渉をしたところ、提示金額は300万円でした。

そこで、ご遺族は、みらい総合法律事務所に示談交渉を依頼しました。

保険会社が被害者の過失割合を70%と主張したため、交渉は決裂し、裁判での決着となりました。

最終的には、被害者の過失割合は40%となり、900万円での決着となりました。自賠責保険金と合わせると、3900万円での解決となります。

ご依頼いただいてよかったと思います。

【死亡事故】76歳女性で5000万円獲得!

被害者 76歳 女性
ご相談の経緯

ご遺族は、示談交渉をどう進めていけばいいのかわからず、みらい総合法律事務所の無料相談を利用して、示談交渉を依頼。

解決額

5000万円

76歳女性が、交差点を横断していたところ、車同士の衝突事故に巻き込まれ、死亡したものです。

ご遺族は、示談交渉をどう進めていけばいいのかわからず、みらい総合法律事務所の無料相談を利用しました。

相談の結果、大変わかりやすく説明してもらえた、ということで示談交渉を依頼することにしました。

弁護士が保険会社と交渉しましたが、示談交渉が決裂し、裁判となりました。

加害者側は、被害者が高齢であることから、逸失利益の基礎収入は平均賃金の7割であると主張しましたが、最終的には被害者側弁護士の主張が通り、満額となりました。

その結果、5000万円での決着となりました。

ご依頼いただいてよかったと思います。